借金に困ったら、法律の力を借りて借金の整理をすることになります。この債務整理にはいくつかの方法があり、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停という4種類に分けることができます。借金が返済できなくなると自己破産をしなければならなくなり、家も車も持つことができなくなるとか選挙に行けなくなるとかという心配をして債務整理をしないという人も多くいますが、残債や状況、自分の希望に応じて返済内容や債務整理の内容も選ぶことができますから、まずはどのような整理方法を行うのか考えることが重要です。

自己破産は現在ある借金を全て処分します。返済できないということを裁判所が認めれば免責となり、借金の返済義務がなくなるものの資産は没収となります。それに対して個人再生は借金の減額を行い、その借金を3年で返済していく方法です。住宅のような資産は手元に残ります。

任意整理は借金の減額や分割の支払いを要求するのですが、最近では過払い金の請求も合わせて行うことが多いです。借金の総額が減ることや月々の返済額が減ることで完済を目指します。これは個人ではなく弁護士や司法書士に依頼をして交渉をしてもらいます。特定調停は債務者が債権者と債務や収入状況によって交渉を調停委員のいるところで行います。かなり準備と知識が必要なので調停準備はとても大変です。

誰もがどこかからお金を借りることなく自分の収入で生活していきたいと思っているものです。しかし、現実にはそうもいかず借金をしてしまうことがあります。近年の長引く不況や経済不安から思うように毎月の収入を得ることができない人も多いです。雇用形態や会社の経営状況によればボーナスが受け取れなかったり月々の給与が減給されていたり、保険も会社の負担なく自分で支払いをしている人もいます。

そうなると、月々の生活でカツカツで貯金まで余裕がなかったり、月々の生活でさえも赤字で貯金から赤字を賄って生活をしているという事もあります。また、急に自分や家族が病気になったり事故にあったりすれば入院費や生活費を収入のない中で捻出する必要もあります。

お金がない状況になれば、ない中で何とかしなければならないものの付き合いがあったり急な入用があったりと思うようにいかないものであり、そのような時にはどこかから借りてくるしかなくなってしまいます。はじめは少しのつもりで借りたつもりが返済ができず新たな借入をしてしまったり、さらに入用になってしまったりして慢性化してしまっていつの間にかどんどん膨らみ返済ができないような状態にまでなってしまうこともあります。そのような自分だけではどうにもならない状態になったときに出てくるのが債務整理です。そこで、ここでは債務整理というものが何か、そしてどのようにして行うのか、といった債務整理の疑問点について説明していきます。